物語を知るという趣味

趣味が本業になることほど素晴らしいことはありません。素人がプロになって収入を得るのは嬉しいものです。

物語を知るという趣味

趣味が本業になることは素晴らしいこと

趣味が高じて本業になることは素晴らしいことだと思います。やりたいことで収入を得ることほどやりがいのあることはないと思います。私は趣味でアドビのイラストレーターやフォトショップを使うことがありますが、まだまだプロの領域には至っていません。それでも、ロゴ製作やバナー製作などではフリーランスのサイトのコンペに応募することがあります。まだ採用されたことはありませんが、プロの作品を目にすることもできるし、自分の課題も見つかるので、それなりに有意義だと思っています。まだ会社員として仕事をしている身なので、思うように時間を作ることができず、スキルアップを図るにも時間が足りない状況ですが、好きなことなので少しの時間でも取り組むようにしているのです。

好きなことをしている時は時間を忘れて熱中してしまうことがしばしばありますが、翌日の勤務を考えると、深夜まで趣味を続けるわけにもいきません。思い切って退職してきちんとスクールに通ってスキルアップを図ることも考えたことがありますが、やはり安定した収入を放棄することは不可能という結論に至るのです。それでも好きなことは続けているので、いつかは本業として現在の収入以上のものが見込めるようになったら会社を辞めてプロとして頑張りたいと思っています。

Copyright (C)2019物語を知るという趣味.All rights reserved.