物語を知るという趣味

読書が趣味と言う場合は、自分の好きな作家の小説などを読む事によって、感動し、新しいものを発見できると言う事。

物語を知るという趣味

読書が趣味と言う場合

暇さえあれば、読書をする、これが私の趣味だと言う人々も多いです。とにかく小説を読んでその作者のこころに触れてみたいと言う方々は多いのです。読書が趣味と言う人は、一冊の本を読んで、それぞれ、その人の感じるものと言うのがあります。読書とは、本の中身がまず読んでいる人によって、そのイメージが異なるのです。それが読み手側にとっては、魅力的な部分なのです。殆どが活字だけの読書なのですが、その文章を辿りながら、自分なりの情景と言うものをイメージしながらにして、活字を読みながらに、その活字が読み手の中でリアルに進展していくのです。そういう読書をしているからこそ、何冊でも読みたくなってくるのです。

ミステリー小説を読む事が趣味と言う人は多いものです。そして恋愛小説を読むのが好きだと言う人も多いです。それから家族をテーマにしている小説を読むのが何より好きと言う人がいれば、結婚や子供に関しての著書を読む人も多いのです。読書が趣味と言う人の多くは、大概は、自分の好きな作家の本を多く読む習慣があるのです。つまりは、その著書を読む事によって、今までかつて経験したことがない事を本を読む事によって、何等かの知識を得ると言う事が何より楽しく、また魅力的な事なのです。更には、感動です。活字を読んで感動して涙まで流すと言う人もいるのですが、読めば読むほどに内容に引きづり込まれると言うのが読書と言うものだからです。

おすすめリンク

Copyright (C)2019物語を知るという趣味.All rights reserved.